認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム) | 介護求人・ホームヘルパー求人情報のSOMPOケア

施設、高齢者住宅でサービスを提供|介護のいろは

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)とは

認知症対応型共同生活介護とは、軽度の認知症をもつ高齢者が、9人以下の少人数で共同生活をしながら、専門スタッフによる食事、入浴、排泄等の日常生活上の世話や身体介護、機能訓練、レクリエーションなどのサービスを受ける介護施設です。社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営されており、地域密着型の介護施設と言えます。
小規模のため比較的なじみやすく、認知症の方も安心して暮らせることが多いとされ、急速に施設の数が増えています。

施設の形態としては民家型、アパート型、ミニ施設型などさまざまで、少人数制のアットホームな雰囲気のなかで、認知症の症状の改善や進行の防止を図り、できる限り自立した生活が送れるようになることを目指します。
入居者は施設の介護スタッフによるサポートを受けながら、5~9人程度のユニット単位で役割を分担し生活します。ただし、認知症の症状が進み、1人で着替えたり食事の摂取や排泄などができなくなったり、慢性疾患によって日常的な医療ケアが必要になった場合は退去しなくてはなりません。

対象者

「65歳以上の要支援2または要介護1以上の認知症患者」「施設のある市町村に住民票があること」が入居の基本条件となっています。その他にも「身の回りの世話ができる」「感染症にかかっていない」「共同生活に適応できる」など、地域や施設によって様々な条件が設定されているため、詳細は施設に問い合わせる必要があります。
また、常時見守りが必要な重度の認知症患者や医学管理下でのケアが必要な方は対象外となります。

サービス内容

認知症について正しい知識を持った介護スタッフによる食事・入浴・排泄・掃除・洗濯のサポートや機能訓練、普段の見守りと緊急時の対応などです。家庭に近い環境で日常生活をサポートすることで認知症の症状を和らげるのが狙いです。

介護のいろは一覧はこちら

Copyright © Sompo Care Group All Rights Reserved.

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム) ページトップへ