特定施設入居者生活介護 | 介護求人・ホームヘルパー求人情報のSOMPOケア

施設、高齢者住宅でサービスを提供|介護のいろは

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護とは

特定施設入居者生活介護とは、特定施設に入居している要介護の方も、在宅介護のケースと同じように介護保険を使って食事や入浴、排せつなどの介護、その他日常生活に必要な世話や機能訓練、療養上の支援を受けられるサービスです。
特定施設は、下記の施設のうち定員が30人以上で都道府県から「特定施設入居者生活介護」の事業者指定を受けているものが該当します。

有料老人ホーム
養護老人ホーム
軽費老人ホーム(ケアハウス)
サービス付き高齢者向け住宅(旧 適合高齢者専用賃貸住宅)

対象者

特定施設入居者生活介護の対象者は、有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)、養護老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅などに入居している要介護者です。 要支援の方も利用できますが、その場合の名称は「介護予防特定施設入居者生活介護」となります。

サービス内容

特定施設入居者生活介護には、次の2種類があります。

内部提供型(一般型)
施設がケアプランを作成し、施設の職員が介護サービスを提供します。サービス内容は施設にすべて任せることになるため、各施設の提供できるサービスの違いに注意する必要があります。

外部サービス利用型
施設はケアプランの作成や安否確認などの基本的なサービスだけを行い、介護サービスは外部の介護事業者が提供します。
利用する介護事業者は入居者が選択できますが、施設によっては利用する事業者を指定される場合もあります。

介護のいろは一覧はこちら

Copyright © Sompo Care Group All Rights Reserved.

特定施設入居者生活介護 ページトップへ