介護老人保健施設 | 介護求人・ホームヘルパー求人情報のSOMPOケア

施設、高齢者住宅でサービスを提供|介護のいろは

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは、主に医療ケアやリハビリを必要とする高齢者を在宅復帰までサポートする施設です。医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な介護施設になります。病状は安定しているものの、退院してすぐに自宅へ戻ることが困難な場合に入所し、専門スタッフによるサポートを受けながら在宅介護への切替を目指します。専門スタッフが揃うことから病院と自宅の中間的な性格を持つ介護施設と言えるでしょう。

食事や排泄の介助など各種介護サービスも提供されますが、あくまで自宅に戻るための準備期間に位置づけられるため、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)のような終身制ではありません。入所期間である3ヶ月ごとに入所継続か退所かの判定が行われ、検討会議で退所可能と判断された場合は速やかに退所しなくてはなりません。

看護師や作業療法士・理学療法士・管理栄養士など多くの専門スタッフや医師が対応するため、料金は多少高めになります。その分、医師による医学的管理のもとで看護・介護はもとより、リハビリテーション、日常支援サービスの一通りを受けることが可能です。夜間でも安心できる体制が整っているため一日通してケアが必要な方にとっては心強い味方と言えます。

対象者

原則65歳以上で要介護1~5の認定を受けており、リハビリテーションを必要としていることが条件になります。その他、伝染病等の疾患がなく、長期入院を必要としないことなど、施設によって異なった条件が提示されるため確認が必要です。

サービス内容

介護老人保健施設では、「施設サービス(入所)」「短期入所療養介護(ショートステイ)」「通所リハビリテーション(デイケア)」の3つのサービスを提供しています。
施設サービスは入所者に対して必要な介護サービスのプランを作成し、それに基づいて運動やマッサージなどのリハビリテーションを行います。同時に看護・介護支援を行うことで家庭への復帰をサポートします。
短期入所療養介護は在宅療養をしている方に対して短期の介護サービスを提供します。サービス内容は施設サービスと変わらず、家族が外出する際やリフレッシュする際などに一時的に入所します。
通所リハビリテーションは在宅療養している方が通所しながらサービスを受ける形態になっています。施設の迎えで通所し、各種介護サービスやリハビリテーションを終えた後に居宅まで送り届けてもらえます。

介護のいろは一覧はこちら

Copyright © Sompo Care Group All Rights Reserved.

介護老人保健施設 ページトップへ