介護支援専門員(ケアマネジャー) | 介護求人・ホームヘルパー求人情報のSOMPOケア

介護に携わるお仕事|介護のいろは

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは、介護保険法により定められた介護問題専門の相談員です。要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、ケアプラン(居宅サービス計画)を立てて、他の介護サービス事業者との連絡、調整などを取りまとめる仕事を行います。一般に、これらの業務を総称して「ケアマネジメント」と言います。
ケアマネジャーは、介護保険の居宅介護支援事業・介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設など)に勤務し、先述したケアマネジメントを行います。ヘルパーとの違いは、要介護者に対し「直接介護を行うか否か」という点にあり、介護支援専門員がケアプランを立て、それを実行するのがヘルパーという事になります。この意味で、要支援・要介護者の方やその家族を始め、他方面に渡る橋渡し役を担う重要な職と言えます。

資格試験の種類

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格取得条件は、都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格した上で、「介護支援専門員実務研修」の全日程を欠席無しで全て受講した上で、レポートを提出する事と定められています。

研修を受ける為の試験受験資格は、受験希望者が保持している資格・実務経験などで変化します。詳細は以下の通りです。
1)法定資格(国家資格)を所持している者が、更に5年以上の実務経験を有している事
2)「福祉主事任用資格」、「ホームヘルパー2級過程修了」、「介護職員初任者研修課程修了」のいずれかを所持している者で、5年以上の実務経験を有する者
3)1及び2で示された資格を全て所持していない場合は、所定の福祉施設などで相談援助・介護などに従事した期間が10年以上の者

留意点として、1で示した法定資格は、2015年より「保険、福祉、医療に関する法定資格」と対象が限定された事が挙げられます。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の仕事内容

介護支援専門員(ケアマネジャー)の仕事内容は、現場で働く職員(介護福祉士・ヘルパーなど)の業務を滞りないものにする為の作業が主となります。具体的には、「介護給付費請求書の作成」・「訪問調査」・「課題分析」・「サービス担当者会議(ケアカンファレンス)の開催」・「モニタリング」などが挙げられ、どれもが他職種や被保険者・被介護者との連携が必要なものと言えます。また、介護者・被介護者の現状を(訪問調査・サービス担当者会議などで)定期的に把握し、ケアプランの立案と改善を随時行っていきます。
現場・裏方に問わず、それぞれの職務の滞りない進行を目指し、被介護者やその家族が安心して介護を受けられるような環境作りにも取り組みます。縁の下の力持ち的存在となり、介護の現場を支えます。

介護のいろは一覧はこちら

Copyright © Sompo Care Group All Rights Reserved.

介護支援専門員(ケアマネジャー) ページトップへ