訪問看護 | 介護求人・ホームヘルパー求人情報のSOMPOケア

ご自宅でサービスを提供|介護のいろは

訪問看護

訪問看護とは

訪問看護は要介護状態の悪化を予防するとともに、病気や障がいを持つ方が自宅で暮らすための支援をするサービスです。看護師などの有資格者が利用者のご自宅を訪問して健康状態のチェックや療養上の世話、診療の補助、指導、精神的な支援、リハビリテーション、看取りの支援などを行います。可能な限り医療依存度の高い人でもご自宅での生活を継続し、本人だけでなく介護にあたるご家族の自立した生活と質の向上を目的として提供されます。

訪問看護サービスという名称から、与薬などの医療処置に関する支援を思い浮かべがちですが、実際は直接医療に関することではない支援もサービスに含まれています。たとえば利用者が快適に生活できるよう、食事や排泄、衛生面の管理など、生活の基本となる面から整えていくことも訪問看護サービスの一環です。担当となる看護師は医師や関係機関と連携を取りながら、さまざまな在宅ケアサービスの利用法を提案します。

このように訪問看護のサービスの中には訪問介護で行われることも含まれています。これは「利用者および家族の生活を守る」という視点で支援が行われるからです。さらに、訪問看護においてリハビリテーションを行いたいという場合は、看護師のほか作業療法士などの専門家に訪問してもらうことも可能です。訪問看護は利用者の医療ニーズに応じて、保健師や准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など様々な分野の専門家の支援を仰ぐことができます。

対象者

介護保険による訪問看護の場合、お住まいの市町村から「要介護」と認定され、「居宅サービス計画(ケアプラン)」が作成されていなければなりません。その上で利用者の病状が安定しており、主治医が自宅での医療処置が必要と判断した際に支援対象となります。
訪問看護と訪問介護とでは利用料金が異なるため、利用者は家計を考慮してサービスを使い分ける必要があります。

介護のいろは一覧はこちら

Copyright © Sompo Care Group All Rights Reserved.

訪問看護 ページトップへ