要介護認定に関して | 介護求人・ホームヘルパー求人情報のSOMPOケア

介護保険制度について|介護のいろは

要介護認定に関して

介護保険制度で給付を受けるためにはあらかじめ保険者である市町村または特別区によって要支援認定または要介護認定を受ける必要があります。 介護保険を受ける人またはその家族か法定後見人、代理人がその人の住民登録がある市町村役所の健康保険を管轄する部署に書類を提出することによって手続きを行うことが可能です。 認定については、初回は6ヶ月後に更新があり、その後も6ヶ月、1年または2年の有効期限が過ぎる度に認定を更新する必要があります。 要支援認定は家事等の日常生活に支援が必要になった人、要介護認定は常時介護を必要とする状態になった人に与えられ、それぞれの状態について段階的に区分されており、それに応じて受けられるサービスや限度額が異なります。 要支援状態は1と2に区分され、介護保険の介護予防サービスを受けることができます。 要介護状態は1~5に区分され、介護保険の介護サービスとして在宅サービスと施設サービスを受けられるようになります。 要介護状態になるおそれのある人でも自立と区分されれば保険の適用外となります。 しかし、介護予防事業が行われている場合にはその対象となって支援を受けることができるようになっています。

介護のいろは一覧はこちら

Copyright © Sompo Care Group All Rights Reserved.

要介護認定に関して ページトップへ