介護保険制度とは | 介護求人・ホームヘルパー求人情報のSOMPOケア

介護保険制度について|介護のいろは

介護保険制度とは

今日の日本では高齢者の人口比率が増加していく一方にある高齢化社会となっており、高齢者の生活を支えていく人たちが相対的に少なくなる傾向にあります。そういった状況を社会的に支える制度として生まれたのが介護保険制度です。介護保険制度は高齢者のうちでも一人で生活をしていくのが困難な認知症や寝たきりの方等に対して、在宅サービスや施設サービスを提供する制度であり、65歳以上の方が要介護認定を受けることによって介護給付を受けられるようになります。また、要支援認定を受けることによって予防給付を受けられるようになります。制度の提供の主体となる保険者は市町村及び特別区であり、その区分に応じてサービスが提供されます。被保険者となるのは市町村の区域内に住所を有する医療保険に加入している40歳以上の人であり、40歳以上65歳未満の方は特定疾病のために介護が必要になった場合には介護保険のサービスを提供してもらうことが可能です。この違いから65歳以上は第1号被保険者、40歳以上64歳以下は第2号被保険者として区別がなされています。利用者の自己負担は原則として1割であり、残りの費用は保険料と公費から半分ずつまかなわれるようになっています。

介護のいろは一覧はこちら

Copyright © Sompo Care Group All Rights Reserved.

介護保険制度とは ページトップへ